超音波診断装置

超音波断層撮影は泌尿器科にとって必需品です
高画質であり質の高い検査が行われます。

X線透視撮影システム

一般撮影はもちろん、透視撮影が可能であり、 PTA(シャント血管狭窄に対するバルーンカテーテルでの拡張術)は当院で対応しています。

尿管ステントなどの交換も透視下で行っています。

内視鏡検査装置

膀胱や尿道内の腫瘍や異常の早期発見目的に膀胱尿道ファイバースコピーを行います。

尿流量測定装置

尿の勢いを測定する装置です。排尿障害の診断に必要な検査となります。

半自動尿分析装置・全自動尿中有形成分分析装置

尿中の蛋白や糖などを調べ、様々な病気やその兆候を知ることができます。

血圧脈波検査装置(ABI)

足首の血圧÷上腕の血圧の計算値で動脈硬化の進行度を調べる指標になります。

透析隔離室

インフルエンザやCOVID-19などの飛沫感染や飛沫感染が疑われる場合は、隔離室で透析をおこないます。

非常用発電機(燃料:LPガス)

竜洋クリニックは、非常用発電機と大型貯水槽(25トン)を完備しており、災害にも強い透析施設です。
大規模災害が発生し、ライフライン(水・電気)が途絶えてしまうと、透析がおこなえなくなりますが、そのリスクを防ぎます。